スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風林火山 と 武田信玄の強さの神髄について

武田信玄 その強さの秘訣は、何だったのか。

僕が初めて母に買ってもらった本が、まんが武田信玄と上杉謙信でした。
そのせいか、武田信玄は身近な名前だったし、歴史は得意でした。
あるキッカケもあり、武田信玄の事を調べ直しました。
ちょっと思いついたことを、書いてみます。

父親との関係
信玄の父信虎は、暴君な一面もあり部下・領民は困っていました。
なかなか認めてもらえず、荒れた時期があったらしいです。
周りも困り果て、長男である信玄はクーデターを起こし、父親を駿河に追放してしまいます。
そこで、領主としての責任を自覚します。

勉強家の一面
読書家であったらしいですね。
有名な風林火山の旗印は、孫子の一文からの引用らしいです。
ひとつの解釈ですが、
風は情報
林は分析
火は行動力
山は信念 
を、表すそうです。

信玄堤の建設
甲斐の国は、甲府盆地の作りの為、台風の影響をもろに受けた。
そこで、水の流れを調整した。
武田信玄は現代で言えば、工学部土木科の卒業生みたいです。
現在の地震対策・原発問題にも、通じるものがあるかもしれません。

武田信玄24将ら有能の部下たち
優秀な部下たちを統率するマネイジメントに、長けていたみたいです。
有名な山本勘介を主人公にして描いた、「風林火山」井上靖著が面白いです。
大河ドラマにもなりましたね。
ちなみに、山勘=ヤマカンという説があります。キムタクみたいですね。

武田騎馬軍団
当時の山梨県・長野県は、名馬の産地。
馬での攻撃を有効に活用したみたいです。
現代でいえば、戦車部隊? スピード戦略?

信玄の隠し湯
兵隊の傷を手当てする為に、温泉を掘り当てたみたいです。
そして、兵隊を失う可能性が高い完全勝利よりも、7割の勝ちを目指したみたいです。
部下思いだったんですね。

いくつか武田信玄の特徴を書いてみました。

そして、川中島の戦い!!
武田信玄と上杉謙信の一騎打ちは、実際にあったみたいです。
ドラマチック!!

4月に、信玄公祭りが甲府市であります。
興味のある人は、いい旅やまなしナビ を検索してください。

いや~歴史って、本当に面白いですね~
再見 再見 再見
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なおかげさん

Author:なおかげさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。