スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回西郷どんを観て。勝ち組も、つらいよ!?

こんばんは。
去年の今日は、奥の細道の旅に向けて、出発した日でした。
あれから一年。
気分新たに、人生を歩もうと思うなおかげさんであります☞

西郷どんの感想の続きを書いていきますね。
水戸の烈公との会見の様子を、斉彬公に報告する西郷どん。
息子である一橋慶喜公と、ヒー様がそっくりだとも伝える。
それではと、探りを入れてみろと命令される。
仲間と共に磯田屋を訪ね、ヒー様に接見する。
二人で密談をし、やはりヒー様は一橋慶喜と確認する。
そんな時、店の女が倒れる。
その場にいた蘭方医が応急処置をし、事なきを得る。
後で判りますが、越前藩の橋本左内でしたね。
僕も、井伊直弼の安政の大獄で弾圧された人、くらいしか知らないので、これからの関わりが楽しみです。
ラジオ講座で聴いたのですが、6才下ながら西郷どんが師事し、橋本左内の手紙を終生持ち歩いたそうです。
25才で亡くなったみたいです。

更に事の始終を報告する西郷どん。
そんな時、篤姫がどこかに逃げたとの報が。
市中探し廻る西郷どん。
篤姫の着物を着た女を発見し、呼びかけるが、違う女…。
服を交換したと言う。
海にいる篤姫を追う。
逃げる為に服を交換したのですが、僕はこのシーンに、姫としてではなく庶民として生きたい、篤姫の気持ちを表していると感じました。
篤姫は実の父親が亡くなった事を、西郷どんに告げる。
悲しみに暮れる篤姫に、寄り添う西郷どん。
何かを吹っ切った篤姫は、元の世界に戻る決意をする。

薩摩藩邸に戻った篤姫に、斉彬は篤姫の嫁ぎ先は、将軍家定である事を告げる。
御台所になるべく篤姫に、教育係として幾島が付く事になる。
それから、篤姫の花嫁修行が始まる。
大奥の仕来り、お琴、薙刀、男女の営み(‥;)の特訓でしたね。
合間の習字で書かれていた、〖洪福〗という字の意味が気になって、ググッて調べたのですが、大きな幸せという意味らしいです。
将軍に嫁ぐ事が決まり、養父斉彬の影響も受け、国のトップとして、国の民の幸せを考える姿勢を表していると感じ取りました。

お勤めを終え、自宅に戻った西郷どんを、橋本左内が待ち伏せる。
自分も、越前藩の殿様の密命を受けた、密偵だと告げる。
そして、日本の置かれた情勢を説明する。
外国の船が日本に押し寄せる中、親藩も外様も挙国一致で対処しようと、斉彬は模索している。
それには、英明たる一橋慶喜を次期将軍に推挙しようと画策している。
そんな大事とはつゆ知らずの西郷どんだが、では何故の篤姫の輿入れなのか?と疑問を持つ。
その疑問を斉彬にぶつけると、斉彬は篤姫は不幸になる、と暗示する。
将軍が暗愚である事を、示唆するかの様子での第10回終了でした。

黒船来航に伴う国難の中、大きな流れに巻き込まれた人達が、その中で必死に活路を見出そうとしている様が伺いしれました。
西郷どんが篤姫に話した、家族との日常の何気ない行為が、ささやかだけど、真の幸せなのでは?とも思いました。
みんな、幸せになりたい!それには、目の前の人・仕事に集中するしかないよな~と想うなおかげさんでした。
よい福は内を♬
スポンサーサイト

第9回西郷どんを観て。袖振り合うも多生の縁!!

こんにちは。
西郷どんのブログを書くのが、遅くなってしまいました。
先日、関西方面に旅に行って来ました。
先ずは、滋賀県大津市の松尾芭蕉の菩提寺である義仲寺に、無事奥の細道の旅を遂行できた事を墓前に報告しました。
気分は、吉良を討ち取った後の、赤穂浪士といった所です(拝)
その後、西宮神社・大阪城・司馬遼太郎記念館と、歴史の息吹きを感じとった旅でした。
また気分一新、歴史道に邁進しようと思う、なおかげさんであります☞

この間の西郷どんの感想を、書いていきますね。
いよいよ、憧れの江戸に到着した西郷どん。
上司に目を付けられるモノの、旧友との再会に喜び勇む。
そんな悪友に、夜の男の社交場に誘われる西郷どん。
乗り気ではない西郷どんもしぶしぶ行くが、いてもいられず帰ろうとした時、一人の女にぶつかる。
女の方から、もしかしてあなた様は西郷様?と尋ねられる。
話をすると、身売り阻止の為に西郷どんが駆け回った、あの時の少女だと言う。
身の上話を聞き、偶然の再会を喜ぶ西郷どん達。
そんな女の馴染みの客の、江戸のヒー様を紹介される。
遊び人風で、西郷どんの印象をズケズケ言う。
何かの拍子に大喧嘩となるが、知らぬ間に喧嘩の場から逃げ去る。

後でヒー様の正体が判りますが、一橋慶喜公でしたね。
西郷どんが将軍候補として推し、更には情勢が変わり仇敵となる最後の将軍。
窮地からの逃げ足の早さは、後の鳥羽・伏見の戦いの時の大阪城脱出を想わせました。
松田翔太が、平清盛の時の後白河的に、一癖ある人物を演じていました。
篤姫では、14代将軍・家茂を演じていましたが。
村役人の時助けた少女との縁が、一橋慶喜との縁を作り、この先の縁にどうドラマ展開するのか、楽しみです…。

喧嘩の不祥事を上司に知られ、大目玉の西郷どん。
罰として、薩摩藩庭のお庭番を来る日も来る日もさせられる。
毎日毎日の掃除の日々に、何の為の江戸勤めかと嘆く。
そんなある日、西郷どんの前に島津斉彬公が現れる。
話をする内に、若き日に会った少年が西郷どんだと知る。
殿様に見込まれ、ワシの手足となり動け!と短刀を授かる=最高の栄誉。
少女との出会いと、殿様との出会いが、オーバーラップしていましたね。

殿様の命として、水戸の烈公への使者となる西郷どん。
当時の政治情勢は、黒船来航に伴い、尊皇攘夷派の水戸の烈公と、開国派の井伊直弼との対立が激化。
島津斉彬は第三の策として、戦う気概を見せてから開国すべきだと模索する。
そんな斉彬の手紙を、水戸の烈公は西郷どんの目の前で、破り捨てる。
敬愛する殿様への侮辱だと、御三家の殿様へも怒り心頭の西郷どん。
そんな真っ直ぐな西郷どんを気にかけたのか、実状と本音を語る烈公。
トップシークレットの政治情勢に触れる事になる。
そんな時、息子の慶喜が現れる。
あ、ヒー様だ!と言う西郷どんだが、のらりくらりと逃げられ、
うーん、これは一癖も二癖もある、海千山千だらけだぞ(*_*)での、第9回終了でした。

今回のテーマは、タイトルにも書きましたが、袖振り合うも多生の縁だと思いました。
西郷どんがその都度、熱心に動いた結果、次の出会いに繋がっていったと感じました。
以前友人が言っていたのですが、たしょうの字は、多い少ないの多少ではなく、多生の字を使うと教わりました。
何かの縁で知り合うのは、前世からの因縁が作用しているからとの事。。
そう思うと、偶然会った人にも一期一会の縁を感じられるかも♬
生まれる前からのサイコロ遊びと、平清盛の後白河が言っていましたが、通じるモノがありますね☆★

いいご縁を、より良く結びたいものです。。
それでは、よい決戦は金曜日を♬

第8回西郷どんを観て。まさかの時の友が真の友!!

こんにちは。
寒さも和らぎ、春も来ようかな日々ですね♪
そんな中、ふじさん部主催三保サミットのイベントで、落ち葉を拾ってきました。
同時に落ち葉を拾った最多人数が753人で、ギネス世界記録と相成りました☆☆☆
おめでとうございます♬ パチパチ(*⌒▽⌒*)
天気にも恵まれて、充実感を味わったなおかげさんでした。
そして平昌冬季オリンピックも、無事閉幕しましたね。
長野オリンピックを上回るメダル数に、様々な種目の華麗なプレイと楽しい期間でした。
選手・関係者の皆さん、お疲れ様でした。

今日も、昨日の西郷どんの感想を書いていきますね。
父母の葬儀に手を合わせる、西郷一家。
妻の須賀が嫁入りして、直ぐに立て続けの葬儀に、不吉な嫁との噂がたつ。
貧乏生活は相変わらずだが、大久保どんの謹慎は解け、西郷どんに江戸行きの命が下る。
西郷どんの江戸行きに、大喜びの西郷一家。
しかし、須賀だけが面白くない様子。
江戸行きの為には、支度金30両=300万円が必要だと愚痴をこぼす。
そんな妻を気遣ってか、西郷どんは江戸行きを断念しようとする。

その話を聞いた大久保どんが、西郷どんに詰め寄る。
江戸行きは、またとないチャンスじゃないか!とブチ切れ、殴り掛かる。
妻の悪口を言われた西郷どんも、ブチ切れて殴り返す。
う~ん、日活映画ばりの殴り合いのケンカ♤♧

現実問題、お金を何とかしないと!とお金をかき集める西郷一家。
大久保どんも、仲間からカンパを募り、商人に頭を下げる。
西郷どんは、篤姫から呼び出され、一緒に江戸に行こうぞ!と 発破をかけられる。
家に帰ると、大久保どんが話があると言う。
西郷一家と大久保どんで、20両集めたから、江戸に行け!と言う。
そんな時、妻の須賀が離縁したいと願い出る。
これは手切れ金だと、お金を差し出す。
これらのシーンを、自分に照らし合わせて観ました。
なおかげさんも、東京の大学に行かせて貰ったので、親がお金を工面してくれたんだよなーと
今となっては思い返されます(感謝)
そして、皆に見送られての江戸行きでの第8回終了でした。

ここまで、西郷どんと大久保どんの友情が垣間見えましたね。
お互いがピンチの時に、支え合い、助け合い、友情を育んできました。
これから車の両輪となり、薩摩・日本を牽引していく展開が期待されます。
英語で、A Friend in Need is A Friend  Indeed.
という諺があります。
まさかの時の友が真の友。
何か困った状況になった時に、助けてくれる友が真の友という 意味です。
普段は分からなくても、何か起きた時に、その人の人間性が分かるのかもしれませんね。

よい友情関係を築きたいものです。。
それでは、よいパートナーシップを♬

第7回西郷どんを観て。親孝行したい時には…!?

こんにちは。
寒い日が続きますが、平昌オリンピックは熱いですよね~♪
現時点で、長野オリンピックに並ぶメダルの数☆☆☆
なおかげさんも、オリンピック観戦を満喫しておりますっ(汗)
今後のオリンピック種目にも、注目していきたいですね☞

今日も、昨日の西郷どんの感想を書いていきますね。
冒頭、西郷どんの祖父のお葬式。
そうだ!吉之助、お前も嫁取りをせい、と言う父。
しぶしぶ承諾すると、父親は乗り気に話を進めようとする。
風間杜夫さん、早送りで走ってましたね(笑)

一方、西郷どんの仲間内では、江戸への参勤への話で持ちきり。
西郷どんも、江戸行きが希望の為、本音では嫁取りに消極的。
そんな矢先、母が体調不良で倒れる。
本人は風邪と言うが、父が西郷どんだけには、祖父からの貰い病=結核?と耳打ちする。
嫁を取って、母さんを安心させてやれ!と言われ、西郷どんも 覚悟を決める。

西郷どんにシンクロするかの様に、篤姫の輿入れの話も進む。
先ずは斉彬の養女となり、さる処への縁談の話があるとの事。
2008年の大河ドラマ【篤姫】観ているから知っていますが、13代将軍・徳川家定に嫁ぐ事になりますね。
篤姫を宮崎あおい、家定を堺雅人、今回大久保どんの瑛太が、 小松帯刀を演じていましたね。懐かしい。
今回の家定役は、又吉直樹みたいですが(笑) 楽しみです。

西郷どんの結婚も、いよいよ婚礼の日取りとなる。
美人さんながら、笑わない能面女子じゃないか、と仲間内では囁く。
しかし貧乏大家族ながら、温かい雰囲気に包まれ、特に父親は 大喜びで、酒も入り上機嫌で家族をノロケる。
翌日の朝、起こしても起きない冷たくなった父…
まさかの、父先のご臨終でしたね(合掌)
やはり、仲良しタイム!でしたね。

嫁となった須賀に、母は西郷家のしきたりを教えていく。
母を案ずる西郷どんは、江戸行きを見送り、精を摂ってもらおうと、鰻を捕まえる。
しかし、母の病状は悪化していく。
桜島が見たいと、西郷どんにおんぶされ、思い出話に花を咲かせての母の死での第7回終了でした。

立て続けに肉親を亡くした西郷どんですが、家族愛に包まれ、親孝行したい!という西郷どんの意思を感じさせる回でしたね。
いつまでも、あると思うな!何とやらと言いますが、親が居てくれたからこそ、今の自分が居るんですよね。
改めて、ちゃんと親孝行しよう!と思ったなおかげさんでした。
皆さんも、よい親孝行を♬

第6回西郷どんを観て。コミュニケーションは、永遠のテーマ!!

こんにちは。
冬季オリンピック、いよいよ始まりましたね♪
と言う訳ではないですが、建国記念日という事で、草薙神社に歩いて参拝して参りました。
以前ブログに書きましたが、鄙びた感じながら由緒正しき神社◎
心洗われる思いでした(拝)

今日も、昨日の西郷どんの感想を書いていきますね。
主君の怒りを買い、牢屋に入れられる西郷どん。
切腹の御沙汰なのでは?と慌てふためく周囲の人達。
いてもたってもいられない糸が、走る、走る、走る。
そして、必死の懇願…
やはり切羽詰まると、本音が出るモノなんですね♡

一方、牢屋の西郷どんの同居人は、異国の言葉を呟く謎の漂流者。
藩が泳がせる為か、二人で西郷どんの家に行く事に。
西郷家の家族愛に触れ、徐々に心を許す謎の漂流者。
そして大久保どんの片言の英語を通じて、段々と謎の正体が判っていく。
故郷の土佐の母親が恋しいと、メリケンから命懸けで帰国した漁師との事。
やはりと思ったんですが、ジョン万次郎でしたね。
これからの黒船来航以降、外国との交渉・通訳において、貴重な戦力に為る事になりますね。
西郷どん逹も、ジョン万次郎から異国の文化の話に触れ、刺激を受ける事に。
ラブ、注入♡♡

島津斉彬も、ジョン万次郎から海外事情を傾聴する。
ジョン万次郎の洞察力に感心するが、一介の漁師が政治をそこまで語れる、アメリカの国柄の懐の深さには、更に驚く。
当時の欧米列強は、帝国主義真っ盛り。
アジア・アフリカに対し、植民地競争を広げる嵐の中。
でもアメリカのメインターゲットは中国であり、補給基地として日本を活用したかったみたいですね。
井沢元彦さんの【逆説の日本史】に書いてあったんですが、最初はアメリカも友好外交をしようとしていたみたいです。
ところが幕府が鎖国政策を国是とし、存外に交渉した為、ペリーの威圧外交に転向したみたいです。

西郷どんとの恋仲を噂され、家を出られない糸。
父親は、糸の縁談の話を進める。
糸の気持ちを知っている周囲の人達は、西郷どんとの仲をやきもきする。
赤山様の墓前に立ち、糸は西郷どんに自分の気持ちを告げる覚悟を決める!
想いを告げるべく、西郷家を訪ねるが、西郷どんの縁談も決まったとの事!
うーん、一歩違いのすれ違い…(@_@)
二人の縁談が決まった後、糸が自分の本心を西郷どんに告げる。
エーーと驚き、知らぬは西郷どんばかりで、切ない心中の橋での糸の婚礼式での第6回終了でした。

今回のテーマはLOVE♡でしたが、僕はもっと広い意味での、コミュニケーションだと思いました。
多くの言葉・時間を重ねても、自分の気持ちを伝える努力をしなければ、後で後悔する事もあるのかもしれません。
家族・恋人・友人・知人・仕事相手・果ては国の外交まで、出来るだけ自分の気持ちを伝える大切さを、教えられた回でした。
西郷どん程ではなくても、オトコは(なおかげさんも)はっきり言ってもらえないと、分からない生き物だそうです☞
いいコミュニケーションを重ねたいものですね♡
それでは、よいバレンタインデイを♬
プロフィール

なおかげさん

Author:なおかげさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。